HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
        

アケボノツツジ・ドライブ
−石鎚スカイライン〜いの町町道瓶ヶ森線・同西線−


2010/5/14 (金) 晴のち一時曇〔愛媛県上浮穴郡久万高原町若山/高知県吾川郡いの町〕
恒例の岩黒山アケボノツツジ見物登山を目指しました。しかし低温と強風のため急遽、
安楽な場所での見物に変更。結果、新緑を眺めながらのドライブ182kmになりました。

11:07旧・面河村関門着。松山市街地から2時間。 

アケボノツツジを求めて
これから
石鎚スカイラインへ。

← 標高700m程の
新緑は今盛り。
上空を
飛行機が
過ぎてゆきます。

爽快な5月の青空。

11:37
スカイライン展望台から
筒上山1859.1mは雲の中。

石鎚山1982mも
頭引っかかってます。

やはり、雲に覆われました。さっきの青空どこ行った?
この展望台で、貴重な情報を入手。
「こんな寒い日は岩黒山より、伊予富士の方が・・・」と
数人の元気なおじさんが「アケボノ山」を教えてくれました。

御来光の滝は水量豊か。
12:11
瓶ヶ森駐車場。

石鎚山は
まったく見えなくなりました。

気温6℃。風あり。
寒いこと。
弁当食べている人
たくさん。

皆さん偉いね〜 

12:26
東黒森登山口のコルに到着。
ここでも車の外にでて
弁当の人ら。
←  確かに眺めはいいです。
瓶ヶ森男山東面。
 南の方を見れば、高知県の山々。まさか太平洋は無理でしょうが、見えそうな感じ。
車内で弁当 12:45〜13:30
13:36
やって来ました、
伊予富士1756.0m
から続く支尾根
「アケボノ山」だ。


尾根道に入ります。
もう何年間も鑑賞された
のでしょう。ササの林床は
立派な踏み跡が網の目のよう。

大木の中に、咲き誇るアケボノツツジ、いまが満開。
しかし、厳しい生活環境なり。シャクナゲとともに、木々は苦難の姿形を見せます。
人のあまり行かない奥へ進むと、やや難所も。谷底へ落ちないように。 


林床を這う木の根の数々。

標高は1525m。
14:55
町道瓶ヶ森線へ
帰ってきました。

歩いた距離は
ただの620m。


← 伊予富士1758.0m
15:08
町道瓶ヶ森線から見た
寒風山1763mの南東面。


さらに東進して
旧・寒風山トンネルへ。
15:17
旧・寒風山トンネル東口。

北方の
笹ヶ峰1859.0mや
冠山などを
眺める。
高知県吾川郡いの町
(旧・本川村)一ノ谷方面。
その方向へ下ります。
  2日後の
5月16日(日)には
この町道は、大変な
賑わいになる予定。

「石鎚山系元気
ウォーキング大会」
があります。
この日(日曜日)に
行かれる方はご用心。
 
 

今年も、いい自然を楽しませてくれました。感謝。
15:30旧・寒風山トンネル東口を出発。 一の谷へ下り、15:45国道194号線に。
新・寒風山トンネルを60km走行で6分弱。16:00国道11号西条市加茂川橋に出る。
それより直進して左折。中山川左岸を旧・小松町方面へ遡行。いよ小松インターチェンジから
16:22高速松山自動車道へ。15分で川内ICを出る。軽四は400円。自宅着17:05。
総走行182.2km。ターボ付き4WD(DDI直噴方式)リッターあたり12km程走ります。
「岩黒山のアケボノツツジ2009」2009/5/14は→こちら 
「岩黒山のアケボノツツジ2008」2008/5/16は→こちら


質問、ご意見など、お寄せください