HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
        

デザイナーの責任−堀之内公園・リモコンなど−

2009/12/2 & 2010/6/19 「雑学おせっかい」なれど…
ある知人が、城山公園のトイレから出たところで転んで怪我をしたとのこと。さっそく検分に。
なるほど、これでは転ぶのが当たり前。これからも次々と怪我人の出る可能性があります。
担当のお役所に電話する方法もありますが、今はやりのクレーマーと思われたくありません。
それで、問題提起と愛媛新聞の「単眼・複眼」に投稿してみました。その顛末。

 2009年12月2日『愛媛新聞』読者の広場  掲載許可番号 G20091401-00491
特に気を付けていたわけではありませんが、投書から比較的早く、手直し工事が行われたようです。
かなり大規模な、見違えるような改良です。 
こちら側が、デザイン改良前↓  こちら側、改良後↓
← グレーのやや濃いい模様が
各段に散らべられていて
全部平面で続いているような
錯覚を起こします。
明るい昼間でこうですから、
薄暗いときや、視力の弱い方なら
いうまでもありません。
改良後、下2段の散らし模様は
除けられました。
縁取りは、同じ色合いです。  黄色っぽい縁取りが入れられました。
この散らし模様が曲者なんですね ↑  デザインの基礎を学んだのなら分かりそうなこと
↑ どうです、 この左右の歴然とした違い! 
以下は、改良後のもの ↓ 
ところで、また要らぬおせっかいながら、一つの疑問が浮かんで来ました。
改良工事を担当したのは、問題のあるデザインをした当のデザイナーだったのだろうなぁ・・
契約不履行や法令違反をしたわけではありませんから、他のデザイナーに、ましてや請負業者を変更
したということは、まずなかったと見るべきでしょう。(市役所に情報開示を求めれば分かること
ではありますが、お役所の仕事を増やしてはいけません。あくまでも推測ですが)。
そこでまた、ちょっとしたヒマジンの連想。↓
  1)まずいデザインをしたばっかりに、やりなおしの仕事が出来ました。その結果、
2)「悪かったです」という思いはないでしょうから、あったとしても口には出さず、そのまま
「追加工事の料金」もらったのでしょうね。2度儲かったわけです。
クレームがついてよかった、よかった・・・。
3)払う方も税金からですから、特にブツブツは言わなかったでしょうね(これも推測)。
4)担当デザイナーは、社長から叱られたのでしょうか、誉められたのでしょうか・・・?
5)アメリカのような訴訟社会でなくてよかったですね。怪我をした人およびその関係者、
あるいはNPOやNGOまで加わって、賠償裁判になる可能性のある「事犯」に近かったですね。
 リモコンのお尻はなぜ丸いのか? (さらなるつづいての連想)
沢山あるリモコンのその殆どのお尻が丸い。お尻はもともと丸いものではありますが、下の例
を見ても一番右側のものだけが丸くないだけ(これが一番の安物で、4,900円ほど)。角に僅かに
Rをつければいいことで、なんでデザイナーは、見境もなく全部丸くしてしまうのでしょう。
立てて置いた場合の不便なこと。デザイナーはリモコンなど使ったことがないのでしょうか。
ある首相ではありませんが、デザイナーは「バカですから」と口走りたくなります。
隣のものにもたれかかるか、入れ物の縁に寄り掛かるか、体力のない、だらしないリモコンばかり。
その上、チャンネルボタンと音量ボタンをわざわざ逆にしてある。メーカー間の競争は分かりますが、
使うものの身になってくだされ。精神的には、アクセルとブレーキを踏み間違ったような現象が
度々起こります。まともなデザイナーもいるのでしょうが、この数を見ると、ほんまに何考えて
やってる職業? と言いたい現実ばかり。デザインで食ってる方々、しっかりしなはれや。 


質問、ご意見など、お寄せください