HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
        

土居の町を、青年山から

−79年前、昭和6年(1931年)の写真など−

2010/4/30(金)曇〔西予市城川町土居〕
城川総合運動公園越しに
新開方面を見る。

同じく、呉野々方面

運動公園のところから
青年山に向かって
新しく作業道が
出来ました。
路面は荒れた
ままですが
たどってみることにします。


←土居の町が
このように
見えてきます。

【古いアルバムから出てきた写真】
昭和32年(1957年)頃の早春、土居小学校(右下)の裏山「カツラヤブ」から。
中央に土居の町、その対岸に、新開、呉野々など。中央の杉の木立は「三嶋神社」。 
三嶋神社を見ながら、
山道を上がる。
幾つかの
分岐があります。
少しずつ
高度が
上がり。
土居の町が
俯瞰出来るように
なります。
三嶋神社の手前は
西予市立土居小学校。
鉄筋コンクリート造3階建。
昭和47年(1972年)に
新築か。
約60年前の
昭和25年(1950年)
4月3日撮影の
土居村立土居小学校と
土居中学校(右側2棟)

〔撮影はH.M.氏〕 
【昭和6年(1931年)9月竣工時に撮影されたと思われる土居小学校新校舎】〔撮影者不明〕
左端の出窓のある教室は、家庭科教室として板張りから畳張りにすぐに変更できる
“リバーシブル”ものだった。昭和26年3月中学卒業の私らも、教室として使用した。
昭和5年12月7日未明の火災により消失した校舎のあとに新築されたものである。
写真に見える半円形の穴から床下に潜ると、ガラスの溶けた破片などを拾うことが出来た。
     土居小学校の沿革について、文献を調べてみた。概略、以下のようなものであった。
●明治8年(1875年)土居報恩寺の裏長屋に、旧郷名を冠した「北川小学校」を学区長渡辺深造が創立。
●明治19年(1886年)土居字久井谷(ひさいだに)に坂田早太郎、岡田寅太郎が建築委員となり校舎新築。
●明治26年(1893年)4月、間口3間奥行4間の瓦葺平屋建で高等科を併設、土居尋常高等小学校発足。高知県梼原方面からも入学者あり、教室狭隘となり、村費・寄付金など550円で、明治27年、2階建などに増築。
●大正15年(1926年)8月、現在の場所(土居字カツラヤブ)に、5万円の起債を起こし二階建て瓦葺桁行25間、梁行5間の校舎ならびに教員室、小使室、便所等の付属建物を含め5万2千余円で完成。
●昭和5年(1930年)12月7日未明出火、平屋建校舎1棟、便所1棟を残し全焼。
●昭和6年(1931年)9月、平屋建スレート葺き2棟、講堂、便所、教員室、炊事場等総工費1万5千余円で竣工(上の写真がその新築校舎である)。【出典:『土居郷土誌』1976・土居郷土誌発行委員会】

なにかが祀られているかに
見えるが、岩のシミだった。
← 中学生時代、探検した
「山賊岩」という洞穴があった。
このすぐ近くとは思うが、
登山靴などを履いてこな
かったため今回はパス。

上部は、作られてから
まだ比較的新しい。
立派な「裏道」が
出来た。
平成22年(2010年)現在の土居の町。左、県道2号。右二つはその裏通りに出来た新道(一部未開通) 

最終場所まで行けず、
今回はこの辺りまで。

← ヤマツツジの綺麗な
山である。

上部の分岐も幾つか。

← 標高451.3mの
甲ヶ森(かぶとがもり)と
ほとんど同じ高さまで
歩いて、ここで引き返し。

タヌキか何かの
足跡に出会う。

← 県道2号交差点横の
「どろんこ祭り記念館」
平成22年(2010年)
4月30日の
土居の町。
 昭和25年(1950年)
4月3日の
土居の町。

〔H.M.氏撮影〕
 昭和30年(1955年)頃撮影の雪景色〔新開の矢野杏仙屋敷跡付近から小学校裏のカツラヤブを望む〕
中央右の建物は「聚楽館」(映画館兼劇場)
 【土居小学校は平成25年(2013年)4月1日に、統合され、なくなる予定です】
詳しくは、西予市の公式ページに、その理由・原因などが出ています。
こちら→「西予市小学校再編計画の公表について」をご覧下さい。

昭和5年度の264名から昭和27年度の334名まで、およそ200名台から300名台を維持、また
昭和35年の574名という生徒数も今や平成21年度は45名、平成25年に廃校となる予定。


質問、ご意見など、お寄せください