HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
         

五葉躑躅(白八汐)に会いに−石鎚山系筒上山−

2010/06/05 (土) 11:15〜16:15 快晴〔愛媛県上浮穴郡久万高原町/高知県吾川郡いの町〕
今日の目的は、
しばらく聞いていない
コマドリ、メボソムシクイ、
ルリビタキの囀りを聞くこと。
出来れば、コマドリの姿を
写したい。
予定コースは、丸滝越まで
行き、そこから尾根を
岩黒山1745.6mへ。そして
土小屋へ帰るループコース。
←土小屋(標高1492m)から
石鎚山頂を写してのち、
11:15歩き始め。
 11:19 丸滝越への水平に近い道から。  以前も二ノ森などがこんなに見えていたかなぁ。

          この木は、もうすぐぶっ倒れるぞ →

樅の木の純林は静かです。コマドリの声も全然聞こえません。

12:04
 のどかな道もあります

←ヒガラはやって来たんだけど
ホトトギスとツツドリと
それにウグイスばかり
 コマドリが全然いない!

 12:15 丸滝越に到着。
土小屋から1時間。石鎚を望む。

↑ 突然、筒上山方面から
やって来たアルカイダの
ような男性。「白八汐が
今盛りですよ」と。
 ならば、岩黒山1745.6mを
やめて、筒上山1859.3m
 の中腹まで五葉躑躅を
見に行ってから帰るか、
と予定変更。
まずは弁当。
13:15までゆっくりとお昼。
何人かの人たちがやって
 来て、筒上山方面へ。

筒上山方面からも
数グループが帰ってくる。


 ← 筒上山1859.3mだ。
なかなか遠いなあ・・。
それに急斜面ばかり。
ま、途中の花の所まで・・・

さあさあ大変だよ、
例の桟道の連続、
落ちたら命ないよ・・
13:26
筒上山への水平道と
尾根道への分岐点到着。
ささやかな案内板だから
一つ手前の分岐で
間違える人もいる。 
13:28  樹間から左、瓶ヶ森1885,2m。右、西黒森山1861mが望める。 
やはり深い笹の中を
登ります。

踏み跡はしっかり
しています。
13:31


出ました。五葉躑躅(白八汐)
ですよ。13:32
上からガサゴソ降りてくる人もときどき。今日は土曜日です。それにしてもこのコース、以前よりも
随分ポピュラーになったのかなあ。・・・どうも五葉躑躅がよく知られたようだ。


13:37 まだまだ登ります。

このときコマドリがやっと
鳴きました。1個体だけか・・
あたりは
五葉躑躅が
いっぱいです。

よく見れば
上品な花。

「愛子さま」の紋所に
選ばれたのも
うなづける。

降りてくる人、続きます。
全部で10数人、断続的に。

ここまで来たのなら
山頂まで行ってみるか
と欲が出る。


 ← 三つ葉躑躅も満開。




瓶ヶ森が遥かに 14:00
 14:10 GPSを見れば「筒上山山頂へ直線距離で670m。高低差200m、所要時間29分」と出ている。土小屋へ17時頃までに帰ることは可能だがまだ高さ200mある。花は十分に見たのだからここで引き返しか。


 14:15 石楠花(しゃくなげ)。


さきほどのコマドリ、
10mほどまで
来てくれるのだが、
姿は見えない。
   

14:54 一つ北寄りの分岐、
間違える人の多いところ。
そのへんの木切れを拾って
通せん坊のペケ印を造る。
コマドリが谷の方から
もう1個体。

15:10丸滝越に帰着。
岩黒山山頂を見れば、
人が立っています。

丸滝越で小休止ののち
元きた道を
帰ります。

← 15:30 今日は
一日素晴らしい天気なり。 
ブナの若葉に
陽光がまぶしい。

16:08 土小屋帰着。
太陽は西へ、
石鎚はシルエット。

混み合っていた
駐車場もすでにまばら。
土小屋駐車場1492mから
筒上山1859.3mを
振り返る。

やはり遠くて
険しい山だなぁ。
あの左側の北尾根を
あと高度差200mまで
登っていたわけだ。
【今日出会った鳥】
コマドリ、ヒガラ、コガラ、アオゲラ、ツツドリ、ホトトギス、ウグイス、ミソサザイ、
カケス、ヤマガラ、コゲラ、ゴジュウカラ、(メボソムシクイ、ルリビタキが
全然いない。ホシガラスに出会わないのも気がかり)。 
コマドリの画像は→こちら『文化愛媛』58号フォトコラム・自然観察「コマドリ」


質問、ご意見など、お寄せください