HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
        

一畳庵 −東温市河之内名越−
〔松根東洋城の結庵跡〕

2010/7/24(土) 09:00〜10:20 快晴 〔東温市河之内名越〕
所用のついでに惣河内神社と金比羅寺を訪ねたところ、「一畳庵」に出会いました


惣河内神社の鳥居をくぐります

意外と長く急な
参道石段 →


上品な絵馬少々
← 達筆の字が
読みにくい。
この建物のことであった。
「天満宮」とある。 → 


  ← 左手下を見れば
    懐かしい佇まい
    の建物あり。



 人の住まいかと訪ねてみれば
  「一畳庵」とあるなり。

  注連縄(しめなわ)は、
  いかなる意味なりや?
  いわば、神社の境内なり
  ということ? 


 静かな、水音もするなり。
  開け放たれた座敷、

  挨拶でも・・と近づけど


机の向こうから、おじさんが
いやいや、顔におぼえあり、
あの東洋城さんでは
ありませんか。
上がり框(かまち)から、室内を覗かせていただきます。 
  寄り合いが行われた直後
  のような雰囲気、いや
  乱れようなり。
  現実に、いつの日かの
  句会のあとか、
  記念写真有り。 
  やや裏手に回れば
  かつての時が流れている
  ような 
・・
  正面にもどり、
  天満宮のほうを振り返る

庭先から南東を見る。足元に句碑あり。
「一畳庵 ひたきくるかと 便りかな」 巨星塔
この「ひたき」とは「ジョウビタキ」のことか。 
  眼をさらに左に巡らせば、
  東温アルプスの象ヶ森、
  奥善神山などにつづく
  山並みが迫る。
  山屏風 春の火燵に
  こもるかな
          東洋城 
  庵から下りて
  神社参道から振り返る

  (特に案内板などはなし、
   国道沿いの案内板のみ)
          ↓

お隣りの「金比羅寺」の画像も少々。
ここから「白猪の瀧」まで三十丁(約3km)、
「唐岬の瀧」まで五十丁(約5km)とある。
もちろん、車道経由ではないですぞ、昔あった里道・山道経由なり。

4本の立派な杉が並んでいます。
ほかの場所にも大木数本有り。
東洋城の「山屏風・・・」等については、以下のページに詳しい。↓
http://www.lib.ehime-u.ac.jp/KUHI/JAP/kuhi217.html 
 なんらかの事情で、特段の
管理はなされていない現状
のよう。立派な文化財では
ありましょう。

梅雨明けの、たまたま空気の
入れ替えを行っていた日に
通り合わせたような気が
しないでもありませぬ。
故に、常態ではないかも
知れませんので
ご了解を。


質問、ご意見など、お寄せください