HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
      

大雪山旭岳−トムラウシ山を南に見て−

1995/7/19〜20(水・木)晴/晴時々曇のち雷雨 〔北海道上川支庁大雪山国立公園〕
2009年7月16・17日のトムラウシ山遭難事故報道に接し、昔歩いた旭岳を振り返る。 
黒岳七合目までは、
「大雪山層雲峡ロープウェイ」
で、楽ちん。

07:10歩き始め。

1984mの黒岳を越えれば
北鎮岳2244mが見える。

チングルマか


高山植物が、
次々と現れる。
正面、北鎮岳の
ハクチョウの雪型が
はっきり
天辺で
囀っているのは
ノゴマ。

砂礫帯に入るまでは
至るところで
その歌声が聞こえる。
黒岳石室を過ぎたところ、道に通せんぼのロープ。「赤石川徒渉困難」の文字。エエーッ。
困惑していると、石室の青年が出てきた。「橋が流されて、今日まで北側コースに
迂回してもらっていましたが、靴脱いで水の中行けば、たぶん通れます、
ダメだったら引き返して下さい」とのこと。ならば直進、行ってみるか。

来ました。赤石川の徒渉点。
登山靴脱いで、靴下脱いで
石伝い、上流雪渓の雪解け水、
その冷たいこと、痛いこと。
なんとか無事通過。
北鎮岳の
ハクチョウが間近に
なりました。
コマクサ!
かなり長い間、
群落が
広がっていました。
ヒカゲツツジ
ではないのかな?
ハクサンコザクラ
じゃなくて、
ここでは
エゾコザクラ
なのか・・・?
ハクサンイチゲ
じゃなくて
エゾ・・・
樹木はもちろん
草木も少なく
高山の砂礫帯に
見えました、
南方遙か
トムラウシ山
2141m
のどかな
天空の広がり
北海岳山頂
2149mで
居合わせた人たちと
トムラウシ山の
話など。
点々と
黄色い花は
タカネスミレ?
トムラウシ山は
いつまでも
よく見えます。
見えてきました
きつい登り。
登山者が数人、
雪の上をたどっています
急傾斜の雪田の
向こうに
さらに急傾斜の
砂礫の斜面

やっと旭岳山頂2290m。
14時ちょうどですから
遅い到着。
夕立など来なくて幸運。
ここの山頂でも20分。
西面は、噴煙上がる姿見平。
山頂からも、
トムラウシ山は
よく見える。
下ります。
「金庫岩」
というものらしい。
大きな四角形。
ここで、まっすぐ下って
迷った人がいるらしい。
原生林に入り込み
遭難したらしい。

霧の日要注意。
あれあれ、
キツネちゃん。
キタキツネが1匹。
登山客に
なれています。
ずいぶん痩せてるねぇ
特に、あげるものも
持ち合わせてないよ。
ざらざらと
崩れやすく
滑りやすい
下りにくい
気の許せない
斜面が続きます。

                  姿見の池と噴煙 →
姿見の池付近は
高山植物の花盛り
姿見の
大雪山旭岳ロープウェイ駅
で今日のトレイル
約13kmは終わり、
16:30。
2日目、7月20日の出発、姿見夫婦池の縁を07:40出発、北方約11kmの愛山渓を目指します。
出発点の注意書き「愛山渓へのコースを取るかたは、ヒグマに注意。熊よけの鈴、または笛を
必ず持参すること」とある。鈴は用意していないが、笛は持ってきた。
おクマさまに出会いませんように・・。
地獄谷の噴煙を
右手に、裾合平へ。
07:40出発。
雪田でスキーを
楽しむ人たち
裾合平を進む
途中の、ピウケナイ沢の
徒渉点で、冷たい流れに
苦労。前後30分を費やす。

当麻乗越を過ぎれば
沼ノ平が見えてきた。

ここまでに出会った登山者は
黒い熊のようにあらわれた
中年の男性一人のみ。
寂しいコースだ。

チタン製の保温カップで
コーヒータイム。ある
登山用品メーカーから
依頼されてテスト中。
チタン製品の少ない時代で
成形の歩留まりが悪いらしい。
沼ノ平は、
平和な、いい場所だった。

ただし、
ヒグマに出くわさないか
その心配さえなければ、
いつまでものんびりして
いたいところだった。
ここも
雪田が多く残る。
15:25愛山渓温泉着、今夜の宿。登山道から2kmほどのところにヒグマの親子が出ている、
と聞く。知らぬが仏で歩いてきた、北海道人でないものは、どうしても落ち着けぬもの。
翌21日、
近くの「雲井ヶ原」を
訪ねる。

東京から来た青年と話。

予備日が浮いたので、
苫小牧市の「ウトナイ湖
サンクチュアリ」に
立ち寄る。
窓辺30cmまで来て
餌を食べるエゾリス。
トムラウシ山は、
独特の姿形をして
遙か遠くに鎮座していた。
今回あるいたコースとタイム。天候に恵まれ各山頂で約20分の休憩など、いい山旅でした。
     
2009年7月の遭難事故については、Web上に沢山のページがある。
「大雪山」については、→「のんびり歩く大雪山」に詳しい。
また、以下のページ「2002年7月トムラウシ山遭難事故」に、
今年2009年7月事故と類似している遭難事故が詳しく述べられている。↓
http://www.ne.jp/asahi/slowly-hike/daisetsuzan/02taisetudata/04sonanjiko/20020711-13tomuraushi.html