HOME 鳥の検索表 鳥は友達 今日のバードウオッチング 山歩き里歩き 地域別一覧表 文化愛媛
        

鶴ノ子ノ頭の西、独標1677mまで−木材搬出のヘリなど−

2009/10/28 (水) 11:55〜15:15 快晴 〔西条市/久万高原町〕
土小屋(1492m)から、中央石鎚の右肩のあたりまでを目指します。歩き始めが11時55分。
これは、
面河関門(おもごかんもん)
の駐車場から見た
対岸斜面の紅葉。

土小屋駐車場は
満杯に近し。

第2駐車場で
木材搬出の作業が
行われているせいもある。



←紅葉を眺めながら
お弁当の人
(土小屋駐車場)




← 大森山1393.3m。
左方上空に鳥の群れ。



御塔谷(みとうだに)を
見下ろす。
向こうは瓶ヶ森1896.2m


すっかり落葉のの登山道です →
登山道補修用の木材 軽装者の足下が気になります こちらの娘さん、運動靴


一時期に比べれば、登山道は随分安全に整備されました。

鶴ノ子ノ頭を回ったところの第1ベンチ辺りから、石鎚山頂。
丸太の階段つづく だいたい中間点近く 第2ベンチです。先客有り。
この白い荷物の方は、
石鎚神社関係者。

弥山のお社も遠望できます→

第2ベンチ、独標1677m近くでお弁当(13:05〜13:50)。
その時の目の前の風景。↑

コケの傍に赤い実一つ。




これより復路の風景。
ヘリコプターが
土小屋第2駐車場を
利用して木材の搬出中。

その模様は、この後段で。

道端に蛾が伸びていました。

←鶴ノ子ノ頭1637.1m。
その向こうは
岩黒山1745.6m
第1ベンチから
石鎚山頂を
振り返る。

ワンちゃんもやって来ました。


← 足もと、きわめて危険
だった箇所。桟道が出来て
安全になりました。

瓶ヶ森1896.2mの裾には雲が湧いてきました。
御塔谷の紅葉。


御塔谷から、
ヘリが材木を
運び上げてきます。

岩黒山を遠望。
建物は土小屋の
岩黒山荘、白石ロッジ。
← 登山道からちょっと逸れた
展望園地に行き、夕暮れの
石鎚山頂を振り返る。
山頂で登山靴の底が抜けてしまったのだそうです。いやはや・・。
どこのメーカーですか? と問えば、ニュージーランドで買ったもので、
10年間も眠らせていたのです、とのこと。それはそれは大変でした。
   
初めて出会った、ヘリコプターによる木材の搬出風景
材木数本吊り下げて谷から上がる ゆっくりと広場に降ろします 材木が横たわります
地上の係員が走り寄ります ヘリは、すぐに谷に向かいます フォークリフトが咥えて運びます
またまたやって来ます その繰り返し ワイヤーの長いこと


適当な長さに裁断して、トラックに積み込みます 次々と能率良く



ヘリは
だいたい
3分くらいで
戻ってきます。



それで
撮影の機会は
何度でも・・。

見ていて飽きない
ですね。
そこらの動植物は
そうとう迷惑
こうむってるでしょうけれど
ヘリに乗っているのは
1人。

昔の、索道による方法など
幻の如し。

あれあれ、あのトラックじゃないですか・・(土小屋で)

だいたい
何本積載しているのか
2枚の画像から
推定は出来ます。
ヒマがないので、
今は数えません。
15時15分
さすがに
土小屋駐車場は
がらがらとなりました。

土小屋から、霧湧きそめた石鎚に向かってご挨拶。